BLOG

ブログ

2018.11.01

タイでの釣りとそれ以外

みなさんこんにちは!うめきちです!

前回前々回とタイでの釣行記を続けてきましたので、今回は釣りとそれ以外の部分を書いていこうかと思います!

タイを旅行する、となれば本来は寺院や、水上マーケットマッサージクラブ等々、観光を楽しむのが普通でしょう。

そんな中、私と友人は3日間釣り以外には目もくれずに過ごしてきた訳ですが、さすがにタイらしい物を何も見ないのは寂しいので、釣りが終わった後は、少し散策などをしておりました笑

 

あくまで釣りメインの旅行だったので、そういう意味から、今回のタイトルは釣りとそれ以外になっています笑

 

微笑みの国 タイ の釣り


今回の旅行では、1日目、2日目、どちらも現地の釣具屋さんにガイドをお願いして釣りに行っています。

タイで釣りをする場合、現地の釣具屋さんか、ガイドをしてくれる会社にツアーを組んでもらうのが一般的なようで、私達もそれにならいました。

もちろん、有名な釣り場であれば、タクシーを使って自力で行くことも可能です!

ただ、タクシーの運転手さんが道に詳しいかどうか分からない、受付のやり方が分からない等、ちょっと面倒に感じる部分をすべてガイドの方にやってもらえるので、とにかく釣りに集中したいと思っている方はガイドをお願いしたほうが心置きなく釣りを楽しめると思います。

 

私のタックルを使って釣り方を教えてくれるガイドのおっちゃん、とても親切な方でした!

何度か行って、要領が掴めたら、自力で行くのもアリかなとも思いますが!笑

タックルに関しては、かなり強めなタックルを指定されます、アマゾンの魚達はそれで良いのですが、バラマンディはあまり強すぎなくても大丈夫です。

今回私が釣ったようなサイズであれば、バスロッドのMLクラスに、PEラインの3号で十分太刀打ちできます!

もしバラマンディを釣りに行くのであれば、メインのロッドの他に、少し弱いロッドを持っていくと使えるルアーの幅も広がり、より楽しめますよ!笑

また、バラマンディはルアーの形や動きをかなり選り好みする傾向があるので色んな種類を使えたほうが釣果も出ます。

 

私もジェットセッター63Cをメインに使う予定でしたが、結局最後までマイクロタッチで釣りをしていました。

また、釣り場によって、ラインの号数の指定やフックの指定がある場合はそれに従いましょう!

細かい所だとルアーのサイズ制限なんかもあったりしますので、事前にレギュレーションを確認しておくと安心です。

 

バンコク、街中の雰囲気


一年を通して気温が30度近くあり暑い国、というイメージどおりに暑かったですが、私達が行った10月は雨季の終わりに当たるらしく、ジメジメはそこまででもなかった印象です。

建物の感じとか、町並みは都会であれば、あまり日本と変わらない気がしますね。

 

かなり線路に接近して屋台が立っていますが、これはまだ遠いほう、、、

列車が通過すると轟音が響き渡ります笑

 

あまり人の気の無いところには行ってないですが、夜に町を歩いていても特に怖い思いはしませんでした。

夜が深くなければ、繁華街の治安は良さそうです。

アジアの国ではどこでも同じかもしれませんが、バンコク市内は交通量が多い上に古いトラックやバスが沢山走っているので排気ガスが凄く、空気はあまり良くないですね、、、

流しのタクシーやトゥクトゥクに乗らなかったので料金をボラれる事も無かったですが、トゥクトゥクは一度乗っておくべきだったかも知れません笑

バイクも多いですが車の方が多い印象

町を走っている車はトヨタとホンダが目立ちます。

タイと言えばタイ料理ですよ!


一番手軽にタイを感じることが出来るのはやはり食事!

食事は朝はコンビニで、お昼は釣り場で、夜はタイ料理のお店やレストランを利用しました!

私はお腹がかなり弱いほうなので、食べ物に関しては割とビビっていましたが、案外大丈夫でした、よっぽど衛生管理がヤバそうなお店でない限り大丈夫なようです。

 

出てきた料理で口に合わない物は無かったですが、辛いものが多かったです!

物によっては食べるのがしんどくなるほど辛い料理もあり、激辛系の食べ物がお好きな方はハマると思います!笑

逆に、苦手な方は注文の際に「ノーチリ」としっかり伝えましょう!

特にカレー系はとんでもなく辛い物が存在していたので、気をつけたほうが良いかもしれません。

 

個人的には、タイに行ったらこれは食べよう!と決めていた「カオニャオマムアン」も想像以上においしかったので食べ物に関してはかなり満足してました笑

カラットTシャツはタイでも大活躍


(身長175cm ドライシリーズ Lサイズ着用)

滞在中はほとんどドライシリーズを着用して過ごしていましたが、気温が高く、湿度もある状態でもサラッとした着心地のドライシリーズはとても快適でした!

釣りはもちろん街歩きでも大活躍!

 

洗っても直ぐに乾くので、持って行く服を減らせる意味でも重宝しました!

もう暑い所に行く際は手放せない存在ですね!笑

ただ、タイでは外が暑い代わりに、室内はものすごく冷房が効いているので、ドライシリーズだけだと肌寒く感じます。

なので薄手のパーカーを1着持っておくと、中でも外でも快適に過ごせますよ!

 

総合的には?


釣りは楽しいし、ご飯は美味しいし、治安も良いので、総合的に見てもかなり楽しめました!

細かい事を言うと、表記がタイ語のみだったり、英語が通じなかったりとちょっと不便に感じる所もありましたが、

それはきっとタイの方が日本に来ても同じように感じると思うので、身振り手振りで頑張って伝えましょう!笑

もちろん簡単なタイ語を覚えてから旅行に行くのがベストですが、いきなり行ってもスマートフォンがあれば何とかなります!笑

と言うか、なんとかなりました!笑

 

釣りの目的地としても、観光メインでも、台湾や韓国には行ったことあるけど東南アジアは初めて、という方には次のステップとしてタイという選択肢は悪くないと思います!

目的はなんであれ、短い滞在でも十分、異国感は感じ取れるので、土日に他一日足して、ちょっとタイまで足を伸ばしてみては?!

きっと楽しい旅になりますよ!

 

お読み頂きありがとうございました!今回でタイの遠征旅行の記事は終了となります!

次回からは通常の更新に戻ります!

以上!フィッシュオンカラット編集部うめきちでした!

次回の更新もお楽しみに!

 

新シリーズ発売してます!!


フィッシュオンカラットコットンシリーズ新作が登場!!

ブラックのボディに魚達がシルバーでプリントされた大迫力のTシャツが2018/10/12日から発売開始しています!

今回は半袖のTシャツではなく、ロングTシャツとなります!

気温が下がる秋にピッタリなコットンシリーズのロングTシャツモデル!!

冬にはインナーとしてもお使い頂けますので、この機会に是非!購入してみてくださいね!!

公式オンラインストアはこちら!

 

この記事を書いた人

フィッシュオンカラット編集部