BLOG

ブログ

2018.10.15

怪魚を求めてタイまで行ってきました!準備編

みなさんこんにちは!うめきちです!

前回のリール紹介でチラッと書きましたが、ちょっと遠くまで大物を釣りに行く事になったので、

今回は遠征釣行の準備を記事にしようかと思います!

遠征とは言え短期間なのでそんなに荷物は無いのですが、

なにせ釣ったことの無い魚が相手なのでそれなりに準備が必要でした、、、

目的地はタイ!


最近かなり知名度が上がってきている気がするタイの釣堀。

バラマンディはもちろん、アリゲーターガーレッドテールキャットフィッシュピラルクー等の南米の魚達が狙える釣り場もある等、

ルアーフィッシングが好きなら楽園のような場所です!!

バラマンディは過去に何度か釣っているので何となく勝手が分かるのですが、アマゾンの魚達は要領がイマイチ掴めないので、

ラインやフック等は、事前にガイドの方におすすめされた物を購入!

トレブルフックシングルフックを半分半分くらいで持ち込み、魚や状況を見て交換する事にしました。

ルアーは純正で付いていたフックとリングを全部外して強度のある物に交換です。

 

個人的にリングやフックを交換している時が一番遠征だな~と言う気持ちになります笑

ルアーは現地でも購入できるようですが、釣具屋さんに行けなかったときの事を考えて、

手持ちの中で頑丈そうなルアーを選んで持ち込みます。

ただ壊されることもあるようなので、大事なルアーはお留守番させます笑

アマゾンの魚達にはブルーギル系のジョイントルアーを、バラマンディにはミノーシンキングペンシルを持って行きます!

 

9月の終わり頃からだいぶ涼しくなりましたが、タイはまだまだ暑いそうなのでカラットTシャツの出番です!

ドライコットンか、どちらを着ていくか悩みます!

日差しも強いようなのでUVカットのドライシリーズが適役なのでしょうが、コットンも捨てがたいですね~

これは当日まで悩みました笑

 

リールは破損が怖いので飛行機の機内に持ち込み、ラインは巻かずに預け荷物にして現地で巻きます。

ベイトリールはハンドルを外しておくと、かさばらないのでお勧めです!

遠征の前はベアリングに注油したり、汚れを取ったり、メンテナンスはしっかりやっておきましょう!

13カルカッタ301にはPEラインの5号クロナークにはPEの3号を巻き、

リーダーは100lb、60lb、30lbを状況に応じて使い分けます。

 

ロッドはツララジェットセッター!

フエルコで行こうかと考えていたものの、普段愛用している手荷物用のバッグに収まりきらず、お留守番に、、、笑

なので今回はジェットセッターを2本持ち込みます。

大きいナマズやピラルクー用にジェットセッターの63C、バラマンディ用にジェットセッターの60C マイクロタッチ

バラマンディのサイズが7kgを超えるようであればバラマンディも63Cで狙います。

どちらのロッドも仕舞寸法が50cm未満なので普段のバッグにもすっぽり収まります。

預け荷物の扱いを見ていると、たとえスーツケースに入れていても少し心配になってしまうので、

リールやロッドは手荷物で機内に持ち込んでしまう方が安全ですし、精神的にも楽です笑

せっかく買ったロッドやリールが破損、紛失してしまっては楽しい旅が台無しになってしまいますからね!

 

さて釣り道具の準備はこれで完了!

どんなルアーを使おうかな、とか、これで釣れたら楽しいな~!とか

妄想に耽りながらの準備は非常に楽しい!!笑

遠征の醍醐味ですね!

次回の更新では、タイ遠征のアマゾンの魚編をお届けしたいと思います!

以上!フィッシュオンカラット編集部うめきちでした!
次回の更新もお楽しみに!

新シリーズ発売してます!!


フィッシュオンカラットコットンシリーズ新作が登場!!

ブラックのボディに魚達がシルバーでプリントされた大迫力のTシャツが2018/10/12日から発売開始しています!

今回は半袖のTシャツではなく、ロングTシャツとなります!

気温が下がる秋にピッタリなコットンシリーズのロングTシャツモデル!!

冬にはインナーとしてもお使い頂けますので、この機会に是非!購入してみてくださいね!!

公式オンラインストアはこちら!

この記事を書いた人

フィッシュオンカラット編集部