BLOG

ブログ

2018.09.08

バラマンディの釣り方・Tシャツ魚種紹介!!

みなさんこんにちは!うめきちです!

今回は年内発売予定の新作から前回のアカメの紹介の際にチラッと出てきた、バラマンディをご紹介します!

テレビや雑誌の海外釣行記などで目にする魚で、ハードルが高いイメージですが、全然そんなことはありませんので、

読み終わる頃にはちょっと釣りに行ってみようかな?と言う気持ちになっていると思いますよ!

バラマンディとは


分類・スズキ目アカメ科
和名・バラマンディ
学名・Lates calcarifer
英名・バラマンディ

和名っぽい和名が無いようなのでバラマンディとしました、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください!!

学名にLatesとあるとおり、アカメの親戚で、

最大で体長2m重さ60kgにも成長すると言われている大型の肉食魚です!

アカメと同じく、ヒレの付け根に筋肉がしっかりと付いていて、とても力強い印象を受けますね!

中国、台湾では金目鱸と呼ばれていて、目に光が当たると、とても綺麗な金色に光ります!

 

「目が赤いからアカメ」と同じような感覚で名前が付いている所が面白いですね笑

その感覚に倣うと和名は金目(キンメ)と呼べば良いのでしょうか、、、笑

分布
南は台湾、北はオーストラリア、ペルシャ湾やインド洋周辺や東南アジアの国々に至るまでかなり広域に分布しているようです。

温暖な気候を好む魚なので亜熱帯と言うよりは熱帯に多い魚です。

また食用としても人気の魚なので各地で盛んに養殖が行われています。

 

日本では、定かではありませんが、沖縄県の西表島に生息しているとの情報もあります!

いつか狙いに行ってみたいですね~!!

活動域

これはアカメに似ていて、河川から河口部、沿岸部地域に生息しています。

シーバス並みに塩分の変化に耐性がある魚で、海からつながる湖にも生息しているようです。

食性

こちらもアカメやシーバスに近く、小魚小型の甲殻類を好んで捕食します。

小魚を活発に追い回すのでルアーフィッシングには最高の相手として人気があります!!

実際に釣ってみると、ルアーを全力でひったくって来るので大型のバイト時の手応えはシーバスの比になりません!

掛けてからも、むちゃくちゃ引きます、団扇のような尾びれで力強く泳ぐので引き味は抜群!!

豪快なエラ洗いジャンプで釣り人を楽しませてくれます!

 

こちらは小型ですが元気いっぱいです!!

 

バラマンディを釣ってみたい方へ!!


さて、肝心の釣り方ですが、残念ながらバラマンディは西表島を除いて日本には生息していません。

なので、必然的に国外で釣りをする事になります、ここで結構ハードルが高くなったと感じる方が多いようですが、

全然高くなっていませんので安心してください!笑

 

いきなり「ネイティブのバラマンディを釣りにオーストラリアに行きたい!!」

となれば確かに予算も時間も掛かり、ちょっと釣りに行くレベルではなくなってしまいます。

しかし!バラマンディを釣ってみたい!と言う要望であれば、一気にハードルは下がり、

沖縄に行くような感覚で釣りに行けちゃいます!!

そんな場所がどこにあるのかと言うと、記事中に何度か登場したお隣の国、台湾です!

 

シーズンにもよりますが、大手旅行会社のフリープランで、大人2人、3泊4日、航空券、ホテル代、込みで一人あたり5万円程度!

そこにガイド代や食費を含めても1人あたり8万円以内で収まります!

これって沖縄に旅行に行くのとそう変わらない金額じゃないですか?!

金額がクリアできても言葉とか治安とか、、、」と思われるかもしれませんが、まったく心配することはありません!

 

私、恥ずかしながら英語力が絶望的に低いのですが、言語で困ったことはまったく無いです。

空港では日本語が通じるスタッフの方がいらっしゃますし、日本語可のホテルなんかもあります。

それに、もし困っても翻訳アプリで何とでもなります笑

釣り場へのアクセスはガイドの方にお願いすればホテルから釣り場まで直接連れて行ってもらえますし、

釣り方を教えてもらえるだけでなく、釣り場でのチケット購入やその日の昼食の手配もお願いできちゃいます!

 

帰りもホテルまで送り届けてもらえるので、疲れて眠ってしまってもOK!笑

至れり付くせり、もはや接待フィッシング、、笑

治安も良く、夜に町を歩いていても怖い思いをしたことはありません。

 

(ただ、はじめて行く場合は男性、女性に限らず一人で夜道を歩くのはやめておきましょう!)

どうでしょう?意外と行ける気がして来ませんか?笑

観光一切無しでただバラマンディを釣りに行くだけでしたら2泊3日でも十分現実的です!!

連休に行っても良し、たまたま取れた休みで行くも良し!

話のネタにもなりますし、釣り好きであれば、一度は釣っておいて損は無いと思いますよ!!

バラマンディのTシャツはフィッシュオンカラットで!


バラマンディのTシャツはまだ発売されていませんが、年内には発売予定なのでバラマンディ好きの方も、そうでない方も、

是非、購入してみてください!

 

(こちらは下書きの様子!どのようなTシャツになるのか楽しみです!!)

鱗や迫力のフォルム!カッコ良さが光る一枚になっています!!

こちらもボディとなるTシャツの耐久性は実証済み!海外の釣行でもそのまま着て頂けます!!

バラマンディTシャツを着てバラマンディ釣行へ出かけてみませんか?!

以上!フィッシュオンカラット編集部うめきちでした!
次回の更新もお楽しみに!

購入はこちらから!


発売を待つ間、親戚のアカメのTシャツはいかがでしょう!?

 

6,500円(税別)

 

公式オンラインサイトはこちら!

この記事を書いた人

フィッシュオンカラット編集部