BLOG

ブログ

2018.07.27

アカメの釣り方・Tシャツ魚種紹介!!

みなさんこんにちは!うめきちです!

釣行記が続いたので、今回はTシャツに描かれている魚の生態や釣り方を紹介するTシャツ魚種紹介です!

ご紹介する魚は日本を代表する怪魚、アカメ

日本三大怪魚の内の一種として釣り人とっては憧れの魚ですよね!

そんなアカメの生態や釣り方をご紹介したいと思います!

アカメ(赤目)


(BLAZEYE エヴォルーツ 最終プロトにヒット!写真協力:ヒデ林さま)

分類・スズキ目アカメ科
和名・赤目
学名・Lates japonicus

暗闇で光に反射した目が赤く光って見えることからアカメと呼ばれるようになったそうです!

そのままじゃん!!

って思うかも知れませんが実際に目の前にすると、想像以上に赤いので名前の由来も納得できます。

猫の目が暗闇で光って見えるような感じで赤く見えます。

シーバスに似ていますが、体高があり、各ヒレの付け根にしっかりと筋肉が付いていて体を見ただけでも引きの強さが伝わってきます!

分布
静岡県から鹿児島県までの太平洋側のみに分布している魚で、日本にしか生息していない固有種です!

主な生息地としては四国の高知県九州の宮崎県が有名ですが、宮崎県では指定希少動植物に指定されているため、採捕等が禁止されています。

なので、アカメを釣りたい場合は高知県が主なフィールドになります!

ただし!環境省のレッドリスト、絶滅危惧種1B類に指定されているので高知県で釣りをする際にもリリースを徹底し、かつ早めのリリースを心がけましょう!

活動域

河口や河川の汽水域など、沿岸部の比較的水深が浅い場所に生息しています。

幼魚のうちは浅瀬のアマモ場で過ごし、成魚になると沿岸の海域や河口、汽水域を行き来するようになります。

食性
シーバスと同じく魚類甲殻類を好んで捕食しています。

アカメの釣り方


夜行性で警戒心が強い魚なので、夜釣りが一般的です。

食性と活動域がシーバスに似ているので狙い方もシーバスと同じく、ルアー釣りがおすすめ!

橋脚等のストラクチャーや漁港のベイトが溜まりやすい箇所など、狙うポイントもシーバスに似ています!

ただし、通常のシーバスを狙うタックルより、強いタックルが必要になります!

リールはシマノであれば4000番以上ダイワであれば3500番以上で、

ロッドは9フィート以上かつ、MHHの強さのものがおすすめです!

ラインはPEライン20号~3.0号、リーダーはフロロカーボン40lb~60lb

ルアーはシーバス用のシンキングペンシルが汎用性が高く、使いやすいですよ!

他にもシーバス用のミノーバイブレーションが流用できますが、スナップリングやフックは曲がりにくい頑丈な物に交換しましょう!

あれだけ体高があって筋肉質な魚なので、通常のリングやフックは伸ばされたり折られてしまうことも!

これだけ聞くとかなりヘビーなタックルを持って行ったほうが良いように感じますが、

ライトショアジギング用のタックルでもキャッチすることが出来るので、狙うサイズや自分の体力と相談しながらタックルの強さを決めると良いかと思います!

憧れの魚が意外と身近に?!


アカメはタイミングやポイント選びが難しく、なかなか一回の釣行ですぐにキャッチすることは出来ません。

それゆえに、釣り人の憧れの対象なのかもしれませんが、私のように関東圏に住んでいると年に1~2回行ければ良い方で、

なかなか思うように釣りが出来ないのが現実です、、、、

そんな中、お隣の国、台湾でアカメの近縁種であり、以前は同じ魚であると考えられていたバラマンディが釣堀で釣れてしまうとの情報が!!

 

体高は及びませんが、ひったくるような強烈な引きアカメを彷彿とさせます!

 

釣堀ですので、厳しい時期に行っても完全にボウズになることはありませんし、タックルも強めのバスタックル太いラインがあれば十分楽しめます!

なので、アカメを釣ってみたいけど、高知県に何回も通えない方や、手軽に雰囲気を味わいたい方にピッタリ!!

先にバラマンディでタックルのバランスやラインの太さなどの雰囲気を掴んでおいて、アカメに挑戦するのもありですね!

私はバラマンディも大好きなので、バラマンディ目的で釣りに行ってますが、、、笑

 

バラマンディの目は赤ではなく金色です、個体差なのか別な種類なのか定かではありませんが、稀に赤い目の個体も居たりします。

台湾は国内旅行とさほど変わらない料金で行けますし、英語が得意でなくてもさほど不自由しないので、興味のある方は是非、調べてみてください!

アカメのTシャツならフィッシュオンカラット!!


いかがでしたか?少々脱線してしまいましたが、アカメという魚のイメージを少しでも掴んでいただけたら幸いです!

そんなアカメ迫力あるTシャツフィッシュオンカラットでしか手に入りません!

アカメを釣りに行く際にはもちろん、バラマンディを釣りに行く時に着ていてもバッチリはまりますよ!!

以上!フィッシュオンカラット編集部うめきちでした!
次回の更新もお楽しみに!

購入はこちらから!


ドライシリーズ・アカメ

6,500円(税別)

 

公式オンラインストアはこちら!

この記事を書いた人

フィッシュオンカラット編集部