BLOG

ブログ

2021.12.20

実はルアー・フライも楽しめる!?新商品を試しに浅川恩方ます釣場へ行ってきました!

みなさんこんにちは!うめきちです!

あっという間に2021年も終わりそうですが、いかがお過ごしでしょうか?

個人的には、コロナに加えて休日と雨が重なり思ったように釣りに行けない1年でした。

それでもブランドとしては新作のパーカーやコネクター、ステンマグカップが発売になり、つい最近ではリールの発売まで到達したので、なんだかんだ充実した1年だったように思います。

さて、今回はそんな新発売のリール、「no.300」の使用感をチェックするべく浅川恩方ます釣場へ行ってきました!

ルアーマンが行くなら絶対平日がおススメ!浅川恩方ます釣場! 

実はこちらの管理釣り場、以前から知ってはいたものの、エサ釣りとBBQを楽しむエリアだと思っていました。

ところが先日、BBQができる管理釣り場を探していて、浅川恩方ます釣場のサイトを除くと釣場案内にルアー・フライの文字が!!

メインはエサ釣りの釣り場のようですが、施設の下流部分はルアー・フライエリアになっていました。

実際にどんな感じで釣りができるのか気になったので行ってみることに。

場所は圏央道の「八王子西IC」から15分ほどの場所にあり、アクセスは良好です。

途中にコンビニもあるので釣りにしてもBBQにしても環境としてはかなり良い感じ。

特に混むような場所もなく、さくっと到着です。

12月に入っている上に平日、かつ雨予報だったと言うのもありますが、貸し切り状態。

お店の方にルアーで釣りをする旨を伝えると、「今日は他にお客さんも居ないから、エサ釣りの場所でも釣って良いよ」

とおっしゃって頂きました。

せっかくなのでお言葉に甘えて上流から下流までランガンしてみます!

思ったより簡単じゃないけど、そこが面白い!慣れてくれば数釣りも! 

浅川と言うだけあってか、全体的に水深は浅め。

でもたまに深い区画があったり大き目な石が沈んでいたり、ランガンするとちゃんと変化があります。

その場所によって流し方やルアーを選ぶので夢中で釣り進んでしまいます笑

エサ釣りのお客さんが居たら同じようにはできないので、冬の平日限定の釣り方かもしれませんね。

ぜんぜん見えない感じですが、結構魚が居ます。

ただ、目の前を通したからと言って簡単に食ってくる魚たちではありませんでした。

ルアーに襲い掛かってくる速度が早い上に食いが浅いので、思うようにフッキングに持ち込めません。

とりあえず使うルアーのフックを新品に交換して試してみると何とかヒット!

ルアーはスミスのDコンタクト、フックもスミスの渓流プラグ用シングルフック。

このフックあまり見かけないですが、しっかり刺さるのでお勧めですよ。

この日はルアーを流れに乗せながら軽くヒラ打ちさせるようなアクションが好反応でした。

クラシックな見た目だけど、テクニカルなエリアにはもってこいのリールなのかも!? 

早速使っている新商品の「no.300」ですが、今まで使っていた五十鈴よりボディが軽いのでコネクターと合わせると

短い距離を正確に狙うキャストが気持ちよく決まります!

リールのマウント位置が低いのでロッドとの一体感がありますね。

キャスティングできる重さですが、純正の状態だと4g以上が気持ち良いかな~という感じ。

ギアにアタリをつけたり、使うグリスやオイルの粘性で使用感が変わるので、購入したらぜひ色々と試して欲しいですね。

キャスト時のシューンっというメカニカルノイズもクラシックな雰囲気があってgood!!

今回はトラウトとしては太めのPE0.8号を使用しましたが、0.4号くらいでも良いかな~という印象です。

バックラッシュ時にサイドへの巻き込みが発生しやすいので、そこは注意が必要ですが、まあ、それは五十鈴も一緒でしたし、、、

キャストフィールこそ大手メーカーのリールには劣りますが、クラシカルな見た目の割に実用性は兼ね備えているちゃっかりしたリールです。

狙った所に気持ちよくキャストが決まり、魚から反応があると嬉しい!

このピンポイントキャストがベイトフィネスの醍醐味ですね!

リールにも釣り場にも満足のいく釣行でした! 

後半はあらかたランガンした後、魚が多かった区画でスピニングに持ち替えて真剣に数を狙ってみます。

川幅が狭いのでコネクターでアンダー1gのスプーンを使うにはちょうど良いです。

小雨が降りだして魚の警戒心が緩んだ事もあり、いきなりのヒット!

最近、スピニングでコネクターを使うときはPEラインではなくナイロンラインを使うようにしています。

個人的な趣味ですが、PEだとラインがガイドを通る時の感触が伝わりすぎる感じがあり、

ダイレクト感はあるんだけど気持ち良さがちょっと損なわれているように感じてしまうんですよね。

ナイロンラインだと程よく感度が落ちて小気味良さだけが手に伝わるので、もしまだナイロンラインを試していないのであれば是非お試しあれ!

魚の引きがやみつきになること間違いなしですよ!

そんなこんなで、スピニングに持ち替えてから良いペースで数が伸びて気が付けばトータルで20匹ほどのマスをキャッチすることができました。

この日はBBQの予定が無いので通常の管釣りと同じようにリリースしましたが、魚のコンディションも良さそうなのでそのうち仲間内でBBQでもしに来ようかと思います。

以上!フィッシュオンカラット編集うめきちでした!

次回の更新もお楽しみに!


コロナウィルスは未だに猛威を振るっており、感染者数は増加を続けています。

日常はもちろん釣り場でも3密を避けた行動を心がけましょう!


今回の釣行に使用した、ぺブルから発売の新商品「no.300」ですが、ただいま好評発売中です!

実釣や写真では左ハンドルが使われていますが、右ハンドルモデルもご用意しています!

クラシカルな雰囲気に、実釣に必要十分な性能を兼ね備えた遊べるベイトリールです。

弊社のオールド釣り具好きも思わず手に取ってしまうデザインで所有感も抜群!

この価格帯だから気兼ねなくイジって遊べるリールでもあります。

ベアリングにオイルやグリス、思い切ってハンドルを自作するのも面白いかもしれませんね。

是非、自由に楽しんでください!

公式オンラインストアからお買い求め頂けます!

フィッシュオンカラット公式オンラインストアはこちら! 

この記事を書いた人

フィッシュオンカラット編集部