BLOG

未分類

2021.04.18

春シーバスを探して運河と河川へ!今年のバチ抜けは渋いかも?!

みなさんこんにちは!うめきちです!

だいぶ温かい日が増えてきましたが、まだまだ朝晩は冷え込みますね!

桜も雨で一瞬で落ちてしまって、あまり見ることが出来ず、、、

外出を自粛していた去年に続いて、いつ春が来たんだか分からないまま5月に突入しそうです笑

ただ去年と違うのは釣りが出来ること!

そう!去年行けなかったバチ抜けシーバスに今年は行けます!笑

自粛中に買ったバチ抜けルアーをウキウキで開封し、釣りに出かけてきました!

久々のおかっぱりシーバス、昼も夜も楽しみたい!お昼はビックベイトでシーバス探し! 

久々のシーバスなので明るいうちから釣りをしようと思い、ビックベイトでシーバス探しからスタート!

この時期にビックベイトってあんまり聞かないですが、バチ抜けで魚が戻ってきている場所であれば思いのほか反応してくれます。

必釣メソッドとかでは無いのでミノー等でも良いと思いますが、

反応してくれる魚にやる気がある事が多いのでビックベイトを選んでます。

バイトしないまでも見にきたりしますしね!

某県にある某河川です、見る人が見れば一瞬で分かる場所ですが

昼間だとヘチ釣りをされている方々をたまに見かけるくらいで、シーバスを狙っている人はあまり見かけません。

この日も同様。

ストラクチャーも少なく、あまり魚が付いているイメージが無い場所ですが

タイミングが良いと岸際にシーバスが居たりします。

それこそバチ抜けを求めて川を上ってくる季節とか、、、

岸際を丁寧にテンポよく探って行きます。

ルアーが重いので軽く放る感じで岸に沿って投げていきます。

着水したらゆっくり巻いて、たまにヒラ打ちを入れるアクションを繰り返し。

居れば岸か下から飛び掛かってくるはず。

しばらく撃つも反応なし笑

完全にお散歩状態

それはそれで良いですけど、魚の顔は見たい、そのためのビックベイトですし。

しばらく投げて反応が無いので、思い切って場所移動。

ビックベイトにはまだ早い、じゃあバチ抜けは、、、?? 

結構移動してきました

運河と言うか湾と言うか、ここも見る人がみればすぐ分かります。

かなりハイプレッシャーなエリアですが、ビックベイトでストラクチャーを撃っている人は居ないでしょう

という事でフリップキャストやバックハンドを駆使してルアーを送り込みます。

ちょっと沈めて2~3ヒラ打ちさせてポーズ、居ればすっ飛んでくるはず、、、

構造物の影になっている場所を狙っていると、柱の影から勢いよくシーバスが飛び出してきました!

口は開いてましたが、ミスバイト!

反転してそのまま居なくなってしまいました、、、

別の場所を撃つも反応は無く、1バイトで終了。

暗くなってきたので、今度は先ほどの河川の下流へ移動!

最高の潮回り、気温!しかしバチは出ず!釣果の秘訣はベイト付きを狙う事?! 

移動してきました、暗くて何が何だかですが、先ほどの河川の下流です。

この日はバチ抜けには最適な潮回り!

満潮から干潮に向かう潮、下げ1分くらいで釣りを開始!

アルデンテ、エリア10等引き波系のルアーをアップクロスに投げていきます。

バチ抜けが始まれば水面に波紋が出始めるはず!

そうなればもう勝ったようなもの笑

澄んだ潮に下げが効いてて、気温も悪くないです、勝利を確信して待っていました。

しかし、いつまで経ってもバチ抜けは始まらず、、、笑

水面に出るのはイナッコのような小魚ばかり。

無情にも時間は過ぎていきます。

今年のバチ抜けは各地で苦戦を強いられていると耳にはしていましたが、これほどとは、、、

と言うか、バチ抜けしてないのでは?

もうバチルアーでは釣れそうにないので、せめて明暗についている魚でも狙おうとルアーチェンジ。

困った時のミニカリシャッド!

バチ抜けの時合が終わった後にもう1匹釣れてきてくれる予定でケースに入れておいたルアーです。

時合もなにも無かったですが、1匹釣れてきて欲しい。

岸際の流れが巻いている所に明暗が絡む場所、橋脚、良そうな場所に投げ込んでいきます。

岸際を通したときにコツっとした手ごたえが来たので、ネチネチとルアーを行ったり来たりさせると、、、

ヒット!!!

アタリ的にセイゴかなと思いましたが、普通にフッコサイズ。

流れの中なので力強めです。

久々のおかっぱりシーバス!!!

ボートシーバスよりヒットした時の緊張感がありますね笑

ミニカリがちょっと口から覗いてます。

この魚の他にも良さげな場所ではアタリがありましたが、魚が小さいのか、スレているのか

ヒットには至らず終了。

次の潮回りでまた魚が入ってきたらまた行ってみようと思います!

ちなみにバチボイルはこの間、全く発生しておらず、、、

今年はバチ抜けよりベイトを意識した釣りをした方が良いかもしれませんね!

以上!フィッシュオンカラット編集うめきちでした!

次回の更新もお楽しみに!


コロナウィルスは今この瞬間にも各地で猛威を振るっており、感染者数は増加を続けています。

マスクの着用、手指の消毒、ソーシャルディスタンスを徹底しましょう!!


フィッシュオンカラット公式オンラインストアはこちら!  

この記事を書いた人

フィッシュオンカラット編集部