BLOG

未分類

2020.03.22

こんなタックルで釣りしてます!Huerco フエルコ TX510-4C!!

みなさんこんにちは!うめきちです!

なかなか私生活のタイミングが合わず釣りに行けていないこの頃、

休日の外出といえば日々の買い物くらい、、、

例のアレが猛威を振るっているので外出を避けるのは正解なんですけどね~。

なので今回は釣行記ではなく、

台湾釣行からしれっと使っていた2本目のフエルコのインプレでもしようかと思います!!

持ってから数投で“良いな”と思うロッド  

手元にあるパックロッドのラインナップで、抜けていたMとかMLクラスのロッド。

ジェットセッター60Cがあれば十分だろうと今まで色々と使ってきましたが、

シーバスジギングやVJ等の鉛系のルアーをガンガン使っていくには、

ちょっと胴まで入り過ぎでした。

そして欲を言うともう少しパワーが欲しい、さらに欲を言うと、、、、

考えていたら自然と空き時間にロッドを探し始めていました笑

最初に思い付くのはやはり同じジェットセッターシリーズの61C

ジェットセッターの基本セットを揃えたい気持ちもありましたが、

振ってみると思ったよりパワフルなロッドだと分かり、候補から外れました。

フィッシュマン、ナマゾンやワイルドサイド、スコーピオン、

と色々振ってみましたがピンと来ず、

一番良いなと思ったのは友人の持つMV-55ですが、お値段が、、、笑

しばらく迷っていたら別の友人がXT510振ってみる?っと貸してくれまして、

何投かルアーを投げて「あ、これだわ」、っとなり購入に至りました笑

ちなみにメーカーで表記されているスペックはこちら。

フエルコ XT510-4C

レングス:5フィート10インチ

仕舞寸法:ブランクス510mm/グリップ428mm

テーパー:レギュラー

ピース:4ピース

自重:約160g

ライン:モノフィラ12〜20lb/PE2号〜4号

ルアー:7g〜30g/推奨 9g〜28g

最大ドラグ:3kg

価格:37,000円(税別)

 

腕の延長のような使い心地と、高い汎用性!  

ロッドを選ぶ際に求めた条件が、

レングスが5フィート以上の6フィート前半以下、

軽い力で曲げられるブランクス、

グリップの長さが肘くらいまで、

シーバスを相手にある程度強引にやり取りできるパワー、けどあり過ぎてもダメ、、、

径の大きなガイドを使用している事、

ざっとこんな感じです。

貸してもらった時に魚は掛けていませんが、

振った時の印象で“これは!”と思った点が

シャキッとしてるのに曲がる”でした。

5.10フィートと短いので振り抜けは良いだろうと思っていましたが、

予想以上!笑

そして対照的ですが、軽い力でも良く曲がる!

もちろん、ただ曲がるだけでは無く、

実際に台湾で使ってみると、魚の引きに対してグニャっと勢い良く曲がった後、

しっかり芯が残って、

魚が突然走っても、バットにゴムでも入っているんじゃないか?

と思う程マイルドに受け止めます。

カーボンロッドなので無機質なはずなんですが、

どこか有機的な印象があって、まるで腕の延長のよう。

よく曲がり、よく受け止めるので、

結果的に魚はあまり暴れずにスイスイ寄ってきます。

台湾バラマンディでバラシが少なかったのはロッドのおかげもありそうです。

引きをダイレクトに味わいたいならもっと硬いロッドの方が良いでしょうが、

一期一会を大事にするのであれば、

XT510のようなバレないロッドを選びたいですね。

以前に曲がるロッドが好きだと何かの記事で書きましたが、このXT510はかなり好み!

 

そしてもう一つ持った瞬間にこれだ!っと思ったポイントが、

ガイド径、

ジェットセッターシリーズは往々にしてガイド径が小さいので、

太いリーダーを組むとキャスティングの際にガイドへの干渉が結構気になります。

63Cですら、その傾向があり、61Cはさらに、、、

その点、フエルコのロッドはどのロッドもガイド径は大きめ。

ガイドを大きくすると振った時にダルさが出るので、

普通は小さくするのですが、

XT510は口径の大きなガイドに加えてすべてダブルフット

これで振った時にシャキッとしてるんですから、凄いですよね。

おかげで太いリーダーもストレスなく使えてます。

 

ロッドのパワーに関しては感覚的な所が大きいので、伝えるのが難しいですが、

要は60cmくらいのシーバスは余裕なロッドという事です。

60cmのシーバスが余裕だとバラマンディ相手に丁度良いし、

沖縄等、離島のライトゲームでも頼りになります。

台湾でポップXやX-80、TDバイブレーション、5g程度のジグヘッド、ギルロイドjr

など使いましたが、不自由は無かったですね。

ギルロイドjrは適正範囲を超えているので自己責任ですが、

サイドキャストで使う分には問題なさそうでした。

ボートシーバスでは80g位のメタルジグまで試しましたがこちらも使えそうです。

ロッド自体がカッコ良いしケースまで素敵!!  

色々と書きましたが、

いくら性能面でこれだ!と思っても、

見た目が気に入らなければ、即買いはしませんよね、

ちょっとは悩むはず、、、笑

車でも服でも同じですが、欲しいと思わせるデザインって重要です。

私は個人的にツボなので、もう即買いでしたが、

割と誰が見ても「良いね!」と思うロッドだと思います。

ロッドはもちろん、ケースも部屋のインテリアとして飾っておいても良いくらい!

XT510にはアンタレスARを乗せて使っていましたが、

今年の初めにアルファスエアを購入して以来、遠投が必要でなければ、

アルファスを乗せています。

偶然にもロッドとリールの色使いが完全に一致していて気に入っている組み合わせ笑

ブランクスの赤よりも、リールを付けるとグリップ部のシルバーの装飾が印象強く、

シルバー系のリールは大体マッチするように思います。

五十鈴もめっちゃ良い、、、、笑

最近のエクストラハイギア系より、ひと昔前の、ちょいハイギア位のリール

用途的にも合いますね。

購入の際の参考になれば幸いです笑

今回インプレしてみたロッドはXT510-4Cでしたが、

ベイトの次は、スピニングも気になり始めたので、

実物が触れる店舗を探しています笑

以上!

フィッシュオンカラット編集部うめきちでした!

次回の更新もお楽しみに!

カラット姉妹ブランド、ペブル発売中です!!  

長袖Tシャツ3魚種!

ニジマス、ヤマメ、イワナをご用意しました!

トートバッグも同じトラウト3魚種!

“PEBBLE”とは  

水流で磨かれた滑らかな小石の意

水辺に落ちていたらつい手に取ってしまう魅力的な小石、

そんなアイテムになって欲しいと想いを込めたシリーズです。

小石掴むように気軽に手にして欲しいから、

リーズナブルな価格でご用意しました。

公式オンラインストアはこちら!  

この記事を書いた人

フィッシュオンカラット編集部